FC2ブログ

そして誰もいなくなった 第一夜、第二夜

 

 

 

 

 

 

 

原作未読

 

面白かったです!同時に怖かった(;^_^A

推理だと思っていたけどホラー要素があんなに強かったなんて。

最後の一人になって首に縄を通した瞬間、誰もいないはずなのに後ろの扉が開いてガンと足場を蹴り倒し去っていく…衝撃のシーンでした…(((゜д゜;)))

あれ見てからしばらく夜寝るのが怖かったです(笑)

渡瀬さんのあの最後の力全てを燃やした様にも見えた熱演、鬼気迫るという言葉そのものという感じで、コーヒーが冷めるのも忘れてじっと見入ってました。

死ぬまでに形ある物を残せるってやっぱりすごい。

ドラマの感想の他に感動とか羨望とか、そういうものも感じながら見てました。

一夜と二夜に分けてるのも良かったです。二夜の捜査パートは多分原作にはないんですよね。

余分だなと思ったのは、沢村一樹さんかな(笑)

あの人私の中ではエロ男爵のイメージが強すぎて何を演じていても「沢村一樹」にしか見えないしかっこいいとか全然感じないむしろキモ男の認識なので、できればドラマに出てほしくない人です。

演技以前に存在が既にあのドラマの雰囲気には合っていないと感じていた上にポワロをベースにしたみたいな空気の読めてないキャラづけの刑事を出してきてあの重厚な雰囲気が一気に台無しになった気がしました。

みんなの演技力には敵わないから変なキャラづけで誤魔化したとしか思えない。

お笑い芸人で言うとお笑いトーク番組に出てるくせにトークでは笑いとれないから変顔しとけばいいや、みたいな「何で出てきたの?」って言いたくなる感じ。

別にポワロをdisってる訳じゃないですよ?ポワロはポワロで大好きですしポワロの物語では推理と同じくらいポワロのキャラは不可欠です。ただ、「そして誰も~」のあの第一夜に作り上げられた空気と舞台には必要ないものだったんじゃないかと。

起こってしまった事件に胸を痛めたり卑劣な犯人に憤りを感じながら捜査する、そんな真面目な刑事が最後のメッセージをみて悔しさや怒りを吐露するなら、かっこいいなと思えたけどあんなフザけたキャラづけで最後にかっちょいい()セリフ吐かれても全っ然響かない。

 

…とまぁ後半いろいろとアレだったのでここで吐きだしましたが。

総合するとやっぱ面白かった気持ちのが大きいです。はやり第一夜の熱演が後半の陳腐さをかき消してくれてるんですかね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

リンク
描く書く見る読む

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
11401位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
3485位
サブジャンルランキングを見る>>
RSSリンクの表示
QRコード
QR